トラック買取なら高価査定の【トラックファイブ公式】へお任せください。

   

マツダ

「マツダ株式会社(通称「マツダ」)」は、個性的な車づくりをすることで国内外問わず知名度を上げている日本の自動車製造会社であり、1920年に「東洋コルク工業株式会社」として創立しました。1975年、当時は珍しかったコーポレート・アイデンティティ(CI)の導入によりコーポレートマークを「mazda」と制定し、1984年には社名を現在の「マツダ株式会社」と改めました。「マツダ」の社名は創業者の松田重次郎の姓に由来し、また叡智・理性・調和の神を意味する最高神「アフラ・マズダー(Ahura Mazda)」を自動車文明の始まりのシンボルとして捉え、自動車産業に更なる光明をもたらすことを願い、綴りを「mazda」と定めました。2002年からは、「心ときめくドライビング体験」を提供したいというマツダの思いが込められた「Zoom-Zoom(ズーム・ズーム)」のキャッチフレーズもよく使用されています。

マツダは自動車製造においてデザイン性、環境性に特に力を入れており、デザイン面では“際立つデザイン”を指針としています。2007年にコンセプトカー「流雅」がルイ・ヴィトン・クラシック・コンセプト・アワードを受賞、2013年には乗用車「アテンザ」が世界・カー・オブ・ザ・イヤーのワールドカーデザインオブザイヤー部門で3位受賞など、世界的にも高い評価を受けています。また環境面では、「2015年までに世界で販売するマツダの自動車の平均燃費を2008年で30%向上させる」という計画を発表。革新的な環境性能をもつベースエンジンに、電気デバイスである減速エネルギー回生システムの「i-ELOOP」と「ハイブリッドシステム」の2種を段階的に組み合わせる「ビルディングブロック戦略」によって、更なる環境性能の向上を図っています。

 

マツダのトラックには小型の「ボンゴ」シリーズや小型・中型「タイタン」シリーズなどがあります。特に小型・中型1~4.5tクラストラックの「タイタン」は、トラックファイブが注目する高価買取対象のひとつ。人と社会にやさしい高性能なトラックとして、2011年にエンジンポテンシャルアップと排出ガス後処理装置(DPD)を新たに採用。燃焼効率と排出ガスの性能を大幅に改良し、尿素SCRシステムを搭載せずにポスト新長期排出ガス規制や九都県市指定低公害車(燃費基準達成車)の適合を実現しました。

 

中古トラック買取専門店トラックファイブは、マツダのトラックを積極高価買取しています!

最新の買い取り実績

青森県のエルフ
年式:平成25年
走行距離:6,250km
新潟県のキャンター
年式:平成14年
走行距離:186,818km
宮城県のコンドル
年式:平成2年
走行距離:465,109km
福島県のキャンター
年式:平成4年
走行距離:72,385km
 
0120-158-291
メニューへ