トラック買取なら高価査定の【トラックファイブ公式】へお任せください。

   
ホーム > よくある質問 > 車輌に関するご質問 > 社外品と純正品の違いはなんですか?

よくある質問

社外品と純正品の違いはなんですか?
主にメーカーが販売している部品であるかないかの違いです。

主にメーカーで販売している部品は純正品、メーカー外で販売している部品が社外品となります。社外品として販売される部品には様々な種類があり、エンジンの一部分やカーナビなどから、電飾やエアロパーツなどの装飾部品なども社外品の範疇に入ります。

中には「純正同等品」と呼ばれる部品もあり、メーカーで製造されていない社外品ででありながら作りや構造などが純正品と全く同じものをこのように呼びます。
この「純正同等品」はメーカーやその直系の販売店であるディーラーでの取り扱いは基本的にありませんが、整備工場や中古車販売業者内で車両の修理のために使われる事があります。
この社外品をトラックで使われる主な理由としては、純正品と比較して安価である為に使われる場合が多いです。
部品によっては半額近い値段で調達する事が出来るため、高額な部品を壊してしまい、その純正部品の修理のために、代替品として選ばれる場面が多いです。
その他にアルミウィングやクレーンなどの重い上物を載せながらエンジンが非力である場合にエンジンをパワーアップさせる、車両を企業や個人の個性を出すなどの目的で装飾するなどの等の理由で社外品が使われる事があります。

こうした社外品を使う上で注意すべきこととして、中には壊れやすい部品や、互換性ありと謳いながら純正品と規格が違う部品などの粗悪品がある事が挙げられます。
こうした部品を取り付けているトラックは買い取り価格にも影響があるので注意が必要です。
製造会社の保証がないものや極端に安価な部品は取り付けないようにしましょう。
また、法基準の企画から外れた部品を取り付けたトラックは車検に通らなくなる事もありますので、事前に車検対応の部品であるかを確認しておきましょう。

逆に純正品とはいすゞならばいすゞが、トヨタならばトヨタと言うようにメーカーが製造して販売している部品で、新車の状態でそのまま、或いは改良されて取り付けられている事が多いです。
こうした部品はメーカー自身が作っている部品と言う事で質の高さや信頼で社外製品に勝る事が利点ですが、社外品と比べて高価である事が多く、アクトロス等の輸入トラックや低年式車でこうした社外品は非常に高価である場合が多いです。

また、買取店によっては社外品を取り付けているかどうかが評価の基準となる場合があります。純正品でないと買い取り価格が下がる買取店も存在しますが、
トラックファイブではメッキパーツなどの見た目が良くなる部品など、その社外品を取り付ける事で価値が上がるような車はそれに応じた評価をしています。
純正品を保管していなくても一度お問い合わせください。

0120-158-291
メニューへ Warning: file_put_contents(/home/homepage/www/zealgp/zealgp/www.truck-five.co.jp/truck/files/cache/pages/q/a/%/qa%2F%25E8%25BB%258A%25E8%25BC%258C%25E3%2581%25AB%25E3%2581%25A4%25E3%2581%2584%25E3%2581%25A6%2F%25E7%25A4%25BE%25E5%25A4%2596%25E5%2593%2581%25E3%2581%25A8%25E7%25B4%2594%25E6%25AD%25A3%25E5%2593%2581%25E3%2581%25AE%25E9%2581%2595%25E3%2581%2584%25E3%2581%25AF%25E3%2581%25AA%25E3%2582%2593%25E3%2581%25A7%25E3%2581%2599%25E3%2581%258B%25EF%25BC%259F.cache): failed to open stream: File name too long in /home/homepage/www/zealgp/zealgp/www.truck-five.co.jp/truck/concrete/core/libraries/page_cache/types/file.php on line 67