トラック買取なら高価査定の【トラックファイブ公式】へお任せください。

   
ホーム > よくある質問 > 車輌に関するご質問 > 最近トラックの車両火災が多発しているようですが原因は何ですか?

よくある質問

最近トラックの車両火災が多発しているようですが原因は何ですか?
原因は複数考えられますが、最近話題にあがっていた理由は「ブレーキペダルの不具合」です。

ブレーキペダルのうちエアブレーキ車に多く設置されている形状は、ペダル支持部が床にある「オルガンタイプ」です。床面に位置する支持部に錆が発生しやすい水分や融雪剤が含まれる泥・雪が付着することで強い錆が発生してこびりつき、ペダルが戻りにくくなる不具合が起こります。この不具合が酷くなるとブレーキを引きずることになり、過熱されて車両火災が起きる恐れがあります。

 

オルガンタイプのブレーキペダルが採用されている自動車のうち、特に大型トラックなど大型車輌で車両火災が起きやすいとされています。この理由として、大型トラックは低回転で大きなトルクを発生して走行するため、ブレーキを引きずっていることになかなか気づけない現状が挙げられます。

 

上記のようなブレーキペダルの不具合が確認されている事例は、2011年度から2013年度までに27件。この事例には発火事故も含まれます。

(内訳)

・2011年 : 8件

・2012年 : 7件

・2013年 : 12件

これをうけて国土交通省は現在、日本自動車工業会や全日本トラック協会に対し、注意の呼びかけや定期点検に関する指導を促しています。

 

ブレーキペダルの定期点検は、事業用車輌の場合は3カ月、自家用貨物車の場合は6カ月毎の実施が義務付けられています。また運行前には必ず動作確認するようにしましょう。

 

なお、万が一事故が起きてしまったトラックなどもトラックファイブでは査定対象ですので、お気軽にご相談ください!

0120-158-291
メニューへ Warning: file_put_contents(/home/homepage/www/zealgp/zealgp/www.truck-five.co.jp/truck/files/cache/pages/q/a/%/qa%2F%25E8%25BB%258A%25E8%25BC%258C%25E3%2581%25AB%25E3%2581%25A4%25E3%2581%2584%25E3%2581%25A6%2F%25E6%259C%2580%25E8%25BF%2591%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A9%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E3%2581%25AE%25E8%25BB%258A%25E4%25B8%25A1%25E7%2581%25AB%25E7%2581%25BD%25E3%2581%258C%25E5%25A4%259A%25E7%2599%25BA%25E3%2581%2597%25E3%2581%25A6%25E3%2581%2584%25E3%2582%258B%25E3%2582%2588%25E3%2581%2586%25E3%2581%25A7%25E3%2581%2599%25E3%2581%258C%25E5%258E%259F%25E5%259B%25A0%25E3%2581%25AF%25E4%25BD%2595%25E3%2581%25A7%25E3%2581%2599%25E3%2581%258B%25EF%25BC%259F.cache): failed to open stream: File name too long in /home/homepage/www/zealgp/zealgp/www.truck-five.co.jp/truck/concrete/core/libraries/page_cache/types/file.php on line 67