トラック買取なら高価査定の【トラックファイブ公式】へお任せください。

   
ホーム > よくある質問 > 車輌に関するご質問 > シングルターボとツインターボの違いはなんですか?

よくある質問

シングルターボとツインターボの違いはなんですか?
読んで字のごとくターボが一つか二つであるかの違いとなります。

最近のトラックには殆どの場合ターボ等の過給器が取り付けられている事が殆どですが、それにはシングルターボとツインターボと言う違いがカタログに記載されている場合があります。

これらの違いはそれぞれ一つのエンジンに対してターボが一つ付いている、一つのエンジンに対して二つターボが付いているという違いがあります。
シングルターボはターボが一つしか付いていない分ターボの制御がシンプルで構造が単純のため、整備性が高くコストを抑える事が可能です。
また、ツインターボと比べて大型で大出力のターボを取り付ける事が可能なので効率よくエンジンのパワーを得る事が可能です。
逆にエンジンを高回転域まで回さないとターボが動かない為、市街地走行などの低回転域ではその効果を得られません。
また、最近の車では少なくなってきましたが、ターボがかかり始めるとエンジンに突然パワーが加わることもあります。
その為、市街地のようにあまりエンジンを高回転域まで回さない車には不向きで、高速道路を走ることの多い大型トラックや車体重量の大きい特装車などのトラックで人気です。


逆にツインターボは二つターボを装着したトラックで、主に6気筒以上のエンジンに取り付けられ、半分ずつに一つずつターボを取り付けます。
一言でツインターボと言っても常に2つターボを動かすタイプと、最初は一つのターボを動かし、徐々に二つ目もターボを利かせるタイプもあり、後者はシーケンシャルツインターボと呼ばれます。
一時期はスポーツカーで流行った形式ですが、ガソリンエンジンでは使われなくなってきています。。
但し、ディーゼルエンジンでは今でも使われる事もあり、いすゞエルフやフォワードなどの小型~中型トラックは未だにこのシーケンシャルツインターボを採用しています型式もあります。
シングルターボと比べて大型のターボを取り付ける事が出来ない為、パワーを得ることには不向きですが、シングルターボと違って突然エンジンにパワーがかかる事がなく、高回転まで回さないとターボの効果が薄いシングルターボと比べて低回転域でも効率よくパワーを得ることが可能です。
その為、市街地走行等が多い小型~中型トラックに多い形式となっています。


但し注意点として、ターボの有無、ツインターボかシングルターボかでエンジンのパワーは異なりますが、基本的に最高速度に変化はありません。
高速道路や重い上物を乗せるような車のように高回転域での走行が多い車ではシングルターボ、逆に市街地走行等の低回転域での走行が多い小型トラックや上物がそれほど重くない車はツインターボや自然吸気エンジンを選択するとよいでしょう。
それが売却する際の買取価格に影響する事もありますので、用途に応じてカタログからターボの有無と数を伺うとよいでしょう。

0120-158-291
メニューへ Warning: file_put_contents(/home/homepage/www/zealgp/zealgp/www.truck-five.co.jp/truck/files/cache/pages/q/a/%/qa%2F%25E8%25BB%258A%25E8%25BC%258C%25E3%2581%25AB%25E3%2581%25A4%25E3%2581%2584%25E3%2581%25A6%2F%25E3%2582%25B7%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25B0%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259C%25E3%2581%25A8%25E3%2583%2584%25E3%2582%25A4%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25BF%25E3%2583%25BC%25E3%2583%259C%25E3%2581%25AE%25E9%2581%2595%25E3%2581%2584%25E3%2581%25AF%25E3%2581%25AA%25E3%2582%2593%25E3%2581%25A7%25E3%2581%2599%25E3%2581%258B%25EF%25BC%259F.cache): failed to open stream: File name too long in /home/homepage/www/zealgp/zealgp/www.truck-five.co.jp/truck/concrete/core/libraries/page_cache/types/file.php on line 67