トラック買取なら高価査定の【トラックファイブ公式】へお任せください。

   
ホーム > よくある質問 > その他のご質問 > 外国のメーカーのトラックをあまり見かけませんが、どうしてでしょうか?

よくある質問

外国のメーカーのトラックをあまり見かけませんが、どうしてでしょうか?
日本で海外のトラックをあまり見かけない大きな理由は、国内トラックメーカーが行う「アフターサービスの充実」や、万が一故障した際の「部品調達の容易さ」の利点が大きいと思われます。

国内で特によく見る「三菱ふそう」や「いすゞ」「日野」「トヨタ」などのトラックメーカーは、購入取引後にも消費者とのつながりを持ち、定期点検や各種保険などのアフターサービスが色濃く存在しています。トラックに不具合があった時の疑問や故障で困った時、まずはメーカーに直接問い合わせを行うのが一般的です。各メーカーは国内に多くの営業所や支店を持っているため、いざとなれば最寄りの店に立ち寄ったり電話をすればすぐに相談することが出来ます。トラックはおおよそ毎日長時間にわたり走行するため、故障しやすい状況下に置かれます。そのため、壊れてしまった際に必要な部品や修理を効率よく短時間で手に入れることは必然的に重要視されます。日本のメーカーならばすぐに部品や代用品が用意でき、万が一特殊な部品でも特注することは可能でしょう。日本国内に輸入して部品の在庫を持っている海外メーカーも中には存在しますが、特殊な場合には柔軟な対応に時間を要します。「メルセデス・ベンツ」などの海外メーカーは日本内でも有名ですが、このような大手会社の車輌も圧倒して国内メーカーを選ぶ理由は、そのメーカーがどれだけ国内に部品を常備しているか、日本人に合ったアフターサービスがしっかりしているかが判明し辛い面もあるでしょう。当然ながら、メーカーによっては日本語未対応の会社も存在するのが現状です。

 

また、大きなボンネットが特徴的な海外のトラックに憧れる方も多いと思いますが、海外(特にアメリカ等)と日本では環境が大きく異なります。トラックはどうしても大量の荷物を積み込まなければならず、そのためには様々な厳しい道路規制を突破して、如何に多くの荷物を運ぶことが出来る形状のトラックであるかが問われます。そのためにはキャブの長さを最小限に縮め、荷台の長さを確保する必要があります。とはいえ、海外のトラックはとても迫力があり、「かっこいい」「かわいい」と思う方もいらっしゃいます。業務上あまり荷物を積載しない会社様、楽しみでトラックに乗る方は、次回トラックを購入する際に海外のような形状のトラックの購入も検討に入れてみてもいいかもしれませんね。

0120-158-291
メニューへ Warning: file_put_contents(/home/homepage/www/zealgp/zealgp/www.truck-five.co.jp/truck/files/cache/pages/q/a/%/qa%2F%25E3%2581%259D%25E3%2581%25AE%25E4%25BB%2596%25E3%2581%25AE%25E3%2581%2594%25E8%25B3%25AA%25E5%2595%258F%2F%25E5%25A4%2596%25E5%259B%25BD%25E3%2581%25AE%25E3%2583%25A1%25E3%2583%25BC%25E3%2582%25AB%25E3%2583%25BC%25E3%2581%25AE%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A9%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E3%2582%2592%25E3%2581%2582%25E3%2581%25BE%25E3%2582%258A%25E8%25A6%258B%25E3%2581%258B%25E3%2581%2591%25E3%2581%25BE%25E3%2581%259B%25E3%2582%2593%25E3%2581%258C%25E3%2580%2581%25E3%2581%25A9%25E3%2581%2586%25E3%2581%2597%25E3%2581%25A6%25E3%2581%25A7%25E3%2581%2597%25E3%2582%2587%25E3%2581%2586%25E3%2581%258B%25EF%25BC%259F.cache): failed to open stream: File name too long in /home/homepage/www/zealgp/zealgp/www.truck-five.co.jp/truck/concrete/core/libraries/page_cache/types/file.php on line 67