トラック買取なら高価査定の【トラックファイブ公式】へお任せください。

   
ホーム > よくある質問 > その他のご質問 > トラックで配達を依頼したら、ドライバーが酒臭かったのですが良いのですか?

よくある質問

トラックで配達を依頼したら、ドライバーが酒臭かったのですが良いのですか?
それはいけません。運転者がアルコールを摂取していると理解した状態で依頼を続行してしまうと、ご自身も法律に反することになります。

もし、トラック配送やバス送迎を依頼した際にその運転手の方が酒気を帯びていると判断された場合は、すぐに依頼をとりやめ、警察に通報するようにしましょう。またトラック運営会社やバス運営会社を営む方々も、ドライバーの方々が酒気帯びで業務に当たらないよう細心の注意を図るように心がけてください。万が一ドライバーの方が酒気帯び運転と判断されてしまった場合、会社運営にも悪影響を及ぼしかねません。

 

法律で禁止されている酒気帯び運転ですが、道路交通法では以下の4項に内容がまとめられています。

道路交通法第六十五条
第一項 何人も酒気を帯びて、車両等を運転してはならない。
第二項 何人も、酒気を帯びている者で、前項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれのある者に対し、車両等を提供してはならない。
第三項 何人も、第一項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがある者に対し、酒類を提供し、又は飲酒をすすめてはならない。
第四項 何人も、車両(トロリーバス及び旅客自動車運送事業の車両を除く)の運転者が酒気を帯びていることを知りながら、当該運転者に対し、当該車両を運転して自己を運送することを要求し、又は依頼して、当該運転者が第1項の規定に違反して運転する車両に同乗してはならない。

 

なお、以上の内容に背く行為を行った場合、運転者や同乗者ではなくても以下のような罰則を受けることになります。

・運転者が酒気帯びと認識しながら業務を依頼した場合の依頼者
2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金 + 90日間の免許停止
・運転者が酒酔いと認識しながら業務を依頼した場合の依頼者
3年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金 + 2年間の免許取り消し

 

・運転者が酒気帯びであるにも関わらず業務に当たらせた場合の車輌提供者
3年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金 + 2年間の免許取り消し
・運転者が酒酔いであるにも関わらず業務に当たらせた場合の車輌提供者
5年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金 + 2年間の免許取り消し

0120-158-291
メニューへ Warning: file_put_contents(/home/homepage/www/zealgp/zealgp/www.truck-five.co.jp/truck/files/cache/pages/q/a/%/qa%2F%25E3%2581%259D%25E3%2581%25AE%25E4%25BB%2596%25E3%2581%25AE%25E3%2581%2594%25E8%25B3%25AA%25E5%2595%258F%2F%25E3%2583%2588%25E3%2583%25A9%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%25E3%2581%25A7%25E9%2585%258D%25E9%2581%2594%25E3%2582%2592%25E4%25BE%259D%25E9%25A0%25BC%25E3%2581%2597%25E3%2581%259F%25E3%2582%2589%25E3%2580%2581%25E3%2583%2589%25E3%2583%25A9%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2590%25E3%2583%25BC%25E3%2581%258C%25E9%2585%2592%25E8%2587%25AD%25E3%2581%258B%25E3%2581%25A3%25E3%2581%259F%25E3%2581%25AE%25E3%2581%25A7%25E3%2581%2599%25E3%2581%258C%25E8%2589%25AF%25E3%2581%2584%25E3%2581%25AE%25E3%2581%25A7%25E3%2581%2599%25E3%2581%258B%25EF%25BC%259F.cache): failed to open stream: File name too long in /home/homepage/www/zealgp/zealgp/www.truck-five.co.jp/truck/concrete/core/libraries/page_cache/types/file.php on line 67