トラック買取なら高価査定の【トラックファイブ公式】へお任せください。

日産

「日産自動車株式会社(通称「日産」)」は、神奈川県横浜市を拠点として国内外各地に製造所や営業所を持つ、1933年設立の自動車製造会社です。元々は戦前から続く日本の大財閥のひとつである日産コンツェルンの持ち株会社「日本産業株式会社」の子会社であり、「日産」の社名もそこから継いでいます。ヨーロッパの大手自動車会社「ルノー」と資本提携を結んでおり、国外向け高級車ブランド「インフィニティ(INFINITI)」を新たに展開しています。国内自動車ブランド別のシェア率はトヨタに次いで2位。『技術の日産』と評されるほど、創業時から常に最新技術を積極的に取り入れることで有名です。その高い技術力とドライバー視点から生み出された車輌設計が、最高レベルの乗り心地を作り出し、さらに利便性や耐久性も追求しているしているところが、日産人気の理由のひとつとなっています。

また日産は低排出ガスへの移行時期も早く、1970年にはアメリカで制定された大気清浄法改正法案に適合させていました。「大気並みにクリーンな排気ガス」を最大の目標として目指しており、年々厳しい規制や目標を定めて研究を行っています。1970年当初の規制と比較して、現在の日産の低排出ガスレベルは最高で1/100~1/250に達しており、今後の研究にも期待されています。

 

そのような歴史を持つ日産自動車の産業機械事業部が独立して2010年に設立した「日産フォークリフト株式会社(通商:日産フォークリフト)」は、かつてのフォークリフトやホイールローダーを手掛けるメーカーです。

横浜市戸塚にある自社の工場で1957年からフォークリフトの生産を開始した日産は、数年の後にアメリカへ輸出を開始。1982年には日産フォークリフトの元となる産業機械事業部を新設しました。現在は日立建機の子会社であるTCMと合併移行したフォークリフト・運搬機械メーカー「ユニキャリア株式会社」のブランド「日産フォークリフト」として、国内外に販売されています。

 

現在のユニキャリアの製品には現在、TCM by UniCarriersや日産フォークリフト by UniCarriersなど、事業統合前のブランドを引き継いで製造している機械製品が多くあります。

中でも技術性の高さに定評があり、フォークリフトや物流システムを製造する「日産フォークリフト by UniCarriers」は、日産自動車株式会社の産業機械事業部が元会社の良さを引き継いで2010年に独立し、翌年ユニキャリアホールディングス株式会社の傘下となりました。スムーズな操作性や安定性、環境性能が高く、近年では燃費のよさや排出ガスの量を抑えたエンジン式フォークリフトや、より経済的で省エネルギーのバッテリー式フォークリフトが人気です。

 

中古重機・建設機械買取専門店のトラックファイブは、ユニキャリア・日産フォークリフトのフォークリフトなど様々な商用車を高額買取しています!

日産ディーゼルの車種一覧

最新の買い取り実績

島根県の油圧ショベル
年式:
稼働時間:3500hour
三重県の油圧ショベル
年式:
稼働時間:6,839hour
奈良県の油圧ショベル
年式:
稼働時間:6,176hour
長崎県の油圧ショベル
年式:
稼働時間:3,650hour
 
0120-158-291
メニューへ