トラック買取なら高価査定の【トラックファイブ公式】へお任せください。

ホーム > 買取実績 > トヨタ

トヨタ

「トヨタ自動車株式会社(通称「トヨタ」)」は日本を代表する、世界最大の自動車製造会社です。1933年9月、前身の「豊田自動織機製作所」の一部門として新しく自動車部が開設、1937年に「トヨタ自動車工業株式会社」の名で独立しました。「トヨタ」の社名はトヨタグループ創始者の豊田佐吉氏やトヨタの創業者である豊田喜一郎氏など、代々続く豊田一族の姓に由来しています。また本拠地である愛知県豊田市は、1959年に元々の挙母市(ころもし)という地名から「豊田市」に改名。企業名を由来に市名を変更するこの事例は、極めて異例なことでした。

世界の自動車産業をけん引するトヨタ自動車は現在、トヨタグループの主軸企業として名をはせており、グループの傘下には日野やダイハツなども含まれています。またグループ内には社名に「トヨタ」がつく子会社が多く、別称として「TMC(Toyota Motor Corporation)」とも呼ばれています。

トヨタは欧州やアメリカ、アジアなど国内外各地に研究・開発の拠点を置き、コストを十分にかけていることから、車種を問わず安全性や機能性、環境性などあらゆる面で高品質を実現。世界的に非常に高い信頼を受けています。

 

トヨタグループのうち、物流システム事業と産業運搬機械の開発から販売まで行っている「トヨタL&F」は、トヨタ自動車の源流である「株式会社豊田自動織機」の社内カンパニーです。1956年の「LA型フォークリフト」の生産開始以来、1966年から2013年まで47年連続でフォークリフトの国内販売シェアNo.1を保っており、物流の要として国内で確固たる地位を築いています。

さらに、販売拠点を188ヶ国にまで伸ばし、活躍の場を世界にまで広げています。製造拠点は、国外ではアメリカ・フランス・中国の3ヶ国、国内では愛知県の高浜工場の1ヶ所を拠点としておりますが、高浜工場は産業車両専門の工場のうち世界最大規模の広さを誇っています。

 

トヨタL&Fの製品には、フォークリフトやショベル、物流システム、搬送システムなどがあります。フォークリフトは小型の0.5tクラスから大型40t以上クラスまで、用途や場所の広さに合わせた多彩な車輌がラインナップされています。特に「ジュネオ」シリーズでは、作業中の安全性や効率の向上を目指したトヨタ独自のシステム「SAS」と、運転手が席を離れた際の安全システム「OPS」を組み合わせ、より安全で作業がしやすい理想的なフォークリフトを実現しています。更に近年にはハイブリッドシステムを搭載した「ジュネオハイブリッド」を発売し、燃費量が通常のフォークリフトの50%にまで抑えられ、注目を集めています。

 

中古重機・建設機械買取専門店トラックファイブでは、トヨタのフォークリフトなど様々な商用車を高額買取しています!

最新の買い取り実績

島根県の油圧ショベル
年式:
稼働時間:3500hour
三重県の油圧ショベル
年式:
稼働時間:6,839hour
奈良県の油圧ショベル
年式:
稼働時間:6,176hour
長崎県の油圧ショベル
年式:
稼働時間:3,650hour
 
0120-158-291
メニューへ