トラック買取なら高価査定の【トラックファイブ公式】へお任せください。

ホーム > 買取実績 > コマツ

コマツ

1921年に設立した「株式会社小松製作所(通称:コマツ)」は、石川県を拠点地に置く重機・建設機械メーカーです。元々は竹内鉱業株式会社が自家用機械を生産するため、1917年に石川県能美郡小松町に開設した「小松鉄工所」が始まりです。1921年5月に竹内鉱業から分離独立し、小松製作所と社名を改めて発足しました。

建設機械市場シェア率は国内1位、世界ではキャタピラー社に次ぐ2位に位置づけており、国内外の都市開発などに大きく貢献しています。特に現在世界で生産されているブルドーザーの市場シェア率はキャタピラー社とコマツの2社がほぼ独占しています。コマツとブルドーザーの関係性は深く、戦時中の1942年12月、国産化するための開発研究を海軍から依頼され、わずか1ヶ月後の1943年1月に初の国産ブルドーザーG40「小松1型均土機」が完成。戦後までにおよそ150台が生産され、戦中の土木工事などの作業に活躍しました。

またコマツは、企業のグローバル化を早くから進めていたことでも知られています。1950年代頃から海外への輸出や技術援助の契約を各国と結び、1955年には日本製建設機械を初めて国外に輸出しました。現在はアメリカやヨーロッパ、ロシア、アフリカなど世界各地にグループ企業を展開し、世界50ヶ所以上に生産拠点を置いています。

 

コマツの主な製品には、油圧ショベルやホイールローダ、ブルドーザ、ダンプトラック、フォークリフトなどがあります。過酷な環境で使用される建設機械用のエンジンが通常エンジンよりも更なる排出ガスレベルの低減化を求められる中、コマツは自社の製品に独自の最新エンジン技術「ecot3」を取り入れたディーゼルエンジンを採用することで、排出ガスの大幅な削減と低燃費の両立を実現しています。特に油圧ショベル「PCシリーズ」の多くには、モニターでエネルギー消費が一目で分かる「エコゲージ」や燃費優先で運転できる「Eモード」などの省エネ運転アシスト機能が完備されており、より環境性の高い製品として人気。高額買取が期待できる車輌です。

またフォークリフトなど建設機械以外の重機のラインナップも豊富で、特に「EXシリーズ」はコマツ独自のシステムを集結して開発されました。「ecot3」仕様ディーゼルエンジンの採用の他、現在建設機械に投入されている油圧システムの2パターンの中で「電子制御HST」を走行駆動に、「可変ポンプCLSS」を作業機にそれぞれ搭載し、高い環境性能に操作性のよさが加わった高性能なフォークリフトです。

 

中古重機・建設機械買取専門店のトラックファイブは、コマツの油圧ショベルやフォークリフトなどあらゆる商用車を積極高額買取しています!

三重県の油圧ショベル
年式:
稼働時間:6,839hour
奈良県の油圧ショベル
年式:
稼働時間:6,176hour
長崎県の油圧ショベル
年式:
稼働時間:3,650hour
兵庫県のミニ油圧ショベル
年式:不明
稼働時間:515hour

最新の買い取り実績

島根県の油圧ショベル
年式:
稼働時間:3500hour
三重県の油圧ショベル
年式:
稼働時間:6,839hour
奈良県の油圧ショベル
年式:
稼働時間:6,176hour
長崎県の油圧ショベル
年式:
稼働時間:3,650hour
 
0120-158-291
メニューへ