トラック買取なら高価査定の【トラックファイブ公式】へお任せください。

ホーム > よくある質問 > 機械に関するご質問 > 重ダンプってどんな重機?

よくある質問

重ダンプってどんな重機?
工事現場で土砂や木材などを運ぶ重機のダンプトラック。様々な種類がある重ダンプについてご紹介しましょう。

ハシゴや階段などを登って上がる運転席は、悪天候でも作業しやすいよう部屋のようになっており、普通車と同じような運転方法で扱いやすい重機です。人が乗っていなくても動く無人のものもあります。また、工事現場に合わせて様々な種類のタイヤがあり、かなり沢山の重たい土砂を積みながら下り坂も安定した走行ができます。土砂などを運ぶために取り付けられているベッセルは土砂を積み込むだけでなく、大きな傾斜をつけて下すこともできます。大きな鉱山で使用される世界最大のダンプトラックは300t以上の土砂を難なく運びますし、鉱物を運ぶためにエンジンと共に架線からの電気力も使って上り坂を登る電車のようなものもあります。凸凹道やぬかるみを走行できるクローラー付きのものや、バックする時も簡単、運転席のある上半身が回転できるもの、現場の砂埃防止のために撒く水を溜めるタンクの付いているものや、森林で切った沢山の木を運べるものがあります。

0120-158-291
メニューへ