トラック買取なら高価査定の【トラックファイブ公式】へお任せください。

ホーム > よくある質問 > 機械に関するご質問 > 建機はなぜ黄色が多いのですか?

よくある質問

建機はなぜ黄色が多いのですか?
一般的には注意を促す警告色であるからと言われています。

キャタピラー三菱やコマツなど、自社製の重機のカラーを黄色で統一するメーカーは多く、特にCATはコーポレートカラーにまでなっています。

ここまで重機の色に黄色が普及した理由について、詳細な原点は不明ですが、一般的には周囲に危険を知らせる警告色である為と言われています。
警告色は他にも赤等がありますが、その中で最も目立つ色が黄色である事が他の警告色に比べて普及した理由であると言えるでしょう。
重機以外では工事用の鉄道車両も黄色い車体に必要な部分は黄色と黒の縞模様となっています。

とはいえ、良く観察してみるとコマツの黄色も住友、CATやトヨタなど、メーカーによって同じ黄色でも色合いが異なる場合が多く、

また、住友やコベルコはそれぞれオレンジと緑を重機のカラーにしています。これは一般的にはコーポレートカラーを優先したためと言われていますが、
警告表示など、重要な部分は黄色や、黄色と黒の縞模様で書かれています。

トラックファイブでは買い取った重機の写真を掲載していますので、見比べてみてください。

0120-158-291
メニューへ