トラック買取なら高価査定の【トラックファイブ公式】へお任せください。

ホーム > よくある質問 > その他のご質問 > 重機の定期点検や整備を行うポイントはありますか?

よくある質問

重機の定期点検や整備を行うポイントはありますか?
様々な現場で特殊な働きをする重機。倉庫や工場、市街地や道路整備、森林や鉱山、港湾や船上などいろいろな場所で大活躍します。

そんな重機をできるだけ長く安全に使用するための定期点検や整備は、労働安全衛生法により義務付けられています。危険現場での作業事故や故障によって起きる重大災害、修理費の増加や機械の性能低下などを避けるためにも大切です。では必須項目をご説明しましょう。接続ピンの偏摩耗や亀裂、錆などによる故障を防ぐために行う作業機各部の給脂や、バッテリ表面の清掃や液面点検、バッテリ補充液の補充があります。また過酷な条件の中で高負荷運転によるエンジン劣化防止のため、エンジンオイルの定期交換やエンジンオイルフィルタの交換も大切です。エンジンの出力低下や急激なオイル消費量の増加を防ぐため、エアクリーナーの清掃をします。冷却水中の錆やスケールの発生予防のため、防錆剤のコロージョンレジスタの交換と同時に冷却水交換も行います。燃料噴射ポンプのプランジャの焼付きを防ぐためのフュエルフィルタの交換や、劣化オイルによる効率低下を防ぐための作業油・フィルタエレメントの交換も行いましょう。

0120-158-291
メニューへ