トラック買取なら高価査定の【トラックファイブ公式】へお任せください。

ホーム > よくある質問 > その他のご質問 > ラフタークレーンの乗りごこちについて教えてください

よくある質問

ラフタークレーンの乗りごこちについて教えてください
運転中は緊張しているので乗り心地どころではないです

ラフタークレーンの運転はとても難しいです。

例えば、ハンドル捌きひとつにしても、ホーイールベースが短い為にとても反応が速いのです。

そのクイックなハンドリングの割に車体の速度は遅いので、他の一般車に抜かれまくります。

ここも難しいポイントで、車体は大きく幅があり、抜かれるにもコツが必要です。

ここをうまくやらないと、道路に交通渋滞を作ってしまいます。最悪カーラジオの交通情報で、自らの事が紹介されてしまいますよ。

特に交差点では苦労します。ラフタークレーンはご存知の通り、車体から伸びるブーム(車輌の上に載っている棒状の構築物)が邪魔になって、特に狭い交差点などでは右折の際に前方部分を電柱などでひっかけてしまうことがあるからです。

また、左折は左折で大変です。なぜなら運転席の左隣にはブームが設置されているからです。通常の姿勢では見えません。

ではどうすればいいのか?姿勢を変えるのです。顔をハンドルに押し付けるくらい前屈みで、ブームの下を覗き込んで左側の安全を確認するのです。

ただ幸いな事に、巨体なのでどんな状況下にあっても、一般車である相手からはたいてい道を譲っていただけます。

ただ、それに慢心する事無く、安全運転でお願い致します。

0120-158-291
メニューへ